工務店・ハウスメーカーの選び方

HOME » 江東区で理想の注文住宅を建てるための基礎知識 » 工務店・ハウスメーカーの選び方

住宅を建てる際の工務店やハウスメーカーの選び方のポイントをまとめています。

業者選びのポイント

住宅を建てるにあたって、工務店やハウスメーカーに依頼することになりますが、満足できる住宅ができるかどうかは、この業者選びにかかっています。

業者を選ぶ際には、次のポイントを確認しておきましょう。

地域に密着しているか

住みたい土地が決まっている場合、その地域に根ざしている業者、その地域の建築が得意な業者を選ぶようにしましょう。その土地にかかわる法律や規制、土地の特色などを熟知している業者のほうが、打ち合わせや設計もスムーズに進みますし、その地域ならではの情報も得られるかもしれません。

アフターフォローは充実しているか

家は、建てて終わりではありません。建ててからが始まりです。家を建てる前は熱心でも、建ててしまったら知らん顔という業者では困ります。施工後の定期点検やアフターフォロー・保証サービスについては、契約前にしっかり確認しておきましょう。

こちらの要望をとことん聞いてくれるか

こちらの話をじっくり聞いて、要望を汲み取ってくれて、さまざまなプランを提案してくれる業者を選ぶようにしましょう。プランニングができるということはそれだけの知識や技術、これまでの実績があるということです。

契約を結びたいがために、こちらの話を聞かずに、セールストークばかりする担当者のいる会社は避けたほうが賢明です。

購入者の評判

実際にその業者で家を建てた人の話がもっとも参考になります。口コミでの評判はもちろん、友人・知人にその業者で家を建てた人がいれば、じっくり話を聞くのもひとつの手です。

また、建てたいエリアが決まってる場合は、そのエリアでの施工実績が多い会社がおすすめです。建てた後も、その業者との関係が良好であれば、そのエリアでの施工実績は増え続ける一方なので、アフターフォローの面でも安心できるかと思います。それだけ信頼されているという証拠になります。

建築中の現場を見学できるか

建築中の現場が見学できれば、施工後では見ることができない、肝心な基礎や構造、さらには大工さんをはじめとした職人さんたちをチェックできます。現場をチェックすることで、どのように家づくりをしてくれるかがわかります。

たとえば職人さんの安全が確保されているか。安全な環境であれば、職人さんはケガや事故にあうこともなく、家づくりに集中することができます。養生シートがきちんと張られているか、現場に物が散乱していないか。これらの点に注目することで、家づくりにキチンと向き合ってくれる職人さんであることがわかります。

避けるべき悪徳注文住宅業者の6つのポイント

上に挙げた業者選びのポイントをクリアしたからといって、信頼できる注文住宅業者とは限らないのが現状です。業者を最終決定する前に、避けるべき注文住宅業者のポイントをチェックしておきましょう。

1. 安い価格を売りに契約を迫ってくる

「とにかく早く契約してください!」というような姿勢を見せる業者には要注意です。施主にとって大きな買い物であることを知っておきながら契約を急かすような業者は、会社の利益やノルマのことしか頭にありません。

大幅な値引きをした価格を提示してくるなんてもってのほかです。業者側も慈善事業で家を建てているわけではないのですから、コストダウンや工期の短縮など値引きをしてでも利益の上がる方法を考えているはずです。

結局のところ、安かろう悪かろうの家になってしまう恐れがあります。

2. 注文住宅に特化していない

建売住宅を販売している傍らで注文住宅を取り扱っているというような業者も避けた方が無難です。

こういった業者は、よく言えば「幅広いニーズに応えられる」のですが、悪く言えば「どっちつかず」。注文住宅に特化していないということは、注文住宅に関しての実績や経験、知識などがトータルして不足している可能性が高いです。

さらに、木造でも鉄骨造でも施主に合わせた家を建てると謳っている業者は、得意としている工法がなく、家づくりの技術にも信頼がおけないといえます。

3. 施工を下請けに丸投げする

注文住宅業者の中には、契約から設計、施工まで自社で一貫して行っていないところがあります。つまり、契約だけ行い、肝心な施工は下請け業者に丸投げしてしまうのです。

下請け業者は、工期が短ければ短いほど利益を上げられると考えられます。そのため、工期を短縮するために手抜き工事をされる可能性が出てくるのです。

注文住宅では施主と業者は信頼できるパートナーであるのが理想的です。しかし、このような場合、信頼関係が生まれる前に別の業者に業務が渡ってしまうため、家づくりに対する思い入れも希薄な傾向にあるのです。

4. メリットしか伝えない

住宅を建てる際には、建材や間取り、設備など様々な選択肢から施主の希望に合わせて計画を進めていくのが一般的です。その選択肢や計画がメリットだけなら良いのですが、必ずしもそうとは言えません。

良い業者というのは、想定されるデメリットまでしっかりと説明してくれるものです。ですが、悪い業者はメリットばかりを伝え、デメリットの部分は極力伝えようとはしません。ヘタをすれば契約を逃すかもしれない、と考えているからです。

5. 見積書の内容が大雑把

注文住宅で後のトラブルを生みやすいのが費用です。

 

このようなトラブルは意外と多いようです。

そこで注意しておきたいのが、見積書の内容です。工事内容に対しての金額が細かに明記されているのが理想的といえます。

費用の項目数が少ないだけならまだしも、建築工事費の総額しか記載されていないというようなケースもあります。このような見積書を出されたら、その業者は避けた方が良いでしょう。

6. 社内の教育体制に疑問を抱く不快な電話対応

業者に電話をかけてみた時に「不快だ」と感じた場合、その業者に依頼するは考え物です。

例えば、電話をかけて注文住宅のプラン内容について質問したとします。公式サイトに記載されている番号にかけているはずなのに、「私では分かりかねますので、担当者が戻りましたらご連絡します」という返答が返ってきたなら、社内での情報共有体システムや教育体制に疑問を抱くことでしょう。

また、面談の日時を決める際にも、こちらの都合を考慮せず、自社の都合ばかり押し付けてくるような対応ではその先が思いやられます。

新築住宅のアフターフォロー!引き渡し後10年は法律で保証される

新築住宅を買うときに不安なのは、入居後にトラブルが起きたときの対応を工務店やハウスメーカーがしてくれるかどうかですよね。もしも住宅に不具合や手抜き工事などがあったとしても、不動産の素人にはわかりません。多くの住宅トラブルは、実際に入居したあとにやってくるのです。

もし、住宅に問題があることを知っていながら家を引き渡すような業者があったら、消費者は泣き寝入りすることになります。建築を頼んだ業者が倒産しても、お手上げです。

そこで、国は消費者を守るために、「新築住宅を引き渡したあと10年間、業者は保証をするように」と定めた法律をつくりました。

「住宅品質確保促進法」によって10年の瑕疵担保責任保証は義務に

住宅品質確保促進法は、新築物件の施工や販売をした業者に対して、家の基礎(柱や床、屋根などの構造部分)に問題が発生したとき、住宅の引き渡しから10年間は責任をもって対応することを決めた法律です。

引き渡した住宅にある問題のことを、専門用語で「瑕疵」といいます。新築住宅を購入してから10年のあいだは、瑕疵があれば業者に保証を求めることができるのです。基本的には、この保証があるため、住宅の基礎部分に問題が起きても補修や保証をしてもらうことができます。

また、業者が土壌汚染などの重大な瑕疵を知っているにもかかわらず、黙って住宅を引き渡した場合は、売買契約の解除を求めることも可能です。

住宅品質確保促進法があるおかげで、消費者は住宅に問題があっても泣き寝入りしなくてよくなりました。

法律を越えた長期保証!20年以上の長期保証をする工務店もある

法律で最低10年間の瑕疵の保証がされているといっても、実際どれくらい誠実に対応をしてくれるのかは、業者によって違います。

家は長く使う財産で、経年や使用で劣化する耐久消費財です。長持ちさせようと思ったら、定期的なメンテナンスをしなければなりません。

同じように法律で10年の保証がついていても、年に1回定期点検をして悪くなりそうな場所に手を打ってくれる業者と、最初の2年だけ定期点検にきて、それ以降は問題が起きて買い主から連絡がくるまで我関せず、という業者ではどちらが安心できるでしょうか。

家は、どこかが悪くなってから直すより、悪くなりそうなときに手を打つほうが、長持ちしますしお金もかかりません。

そこで、法律の最低保証を越えて、手厚いアフターフォローをしてくれる工務店を3つご紹介します。

20年の長期保証を行う丸山工務店

丸山工務店は、なんと法律で保証する10年の倍、20年の長期保証を約束している業者です。年2回の定期点検に加えて、引き渡しから10年後には10年点検もしてくれます。

10年点検後、さらに10年の保証期間がつくため、長年に渡って家をよい状態に保つことができるのです。

リバティホームの定期点検は30年さきまで見越している

リバティホームは、会社から15キロメートル圏内を対象に住宅建築を行っている業者となります。地域を限定していることもあって、アフターフォローがしっかりしているのが特徴です。

定期点検は住宅の引き渡し後、2年、5年、10年、20年、30年まで延長して行っています。定期点検とはべつに、専属社員による定期訪問も行っており、ちょっとした住宅のトラブルも相談しやすい保証体制です。

無期限の定期点検!ウスクラ建設株式会社

ウスクラ建設株式会社は、無期限で定期点検を行っています。住宅の引き渡し後、3年は点検の回数も多いうえ、点検自体も無料です。

大きな保証期間は3年で、定期点検は引き渡し直後からはじまります。初年度は3ヶ月目と半年、1年後の年3回、2年目と3年目は年2回ずつ、保証期間を越えた4年以降の定期点検は、年1回です。

保証期間である3年以内のトラブルであれば、点検だけでなく問題がある部分のリフォームも無料でしてくれます。

実績で選んだ!江東区周辺エリア 注文住宅会社ランキング!
実績で選んだ! 江東区周辺エリア 注文住宅会社ランキング!
江東区に家を建てるなら!
おすすめ注文住宅会社リスト
江東区で理想の注文住宅を
建てるための基礎知識

このページの上部へ ▲