注文住宅を少しでも安く建てるために実践すべき3つのコツ

HOME » 江東区で理想の注文住宅を建てるための基礎知識 » 注文住宅を少しでも安く建てるために実践すべき3つのコツ

注文住宅を少しでも安く建てたいと思うのであれば、3つのポイントを押さえておく必要があります。

こちらでしっかり確認しておきましょう。

1.シンプルな形の2階建てにする

家の本体価格は、部屋を仕切る壁の数や設備を追加していくにつれて高くなります。家に凹凸が多いほど壁の梁や柱の数は増えるので、形が複雑な家は高額に。

また、価格が高くなる要因は材料費だけではありません。作業の難易度が上がれば、職人の数や作業時間が多くなって人件費もかさみます。

価格設定は業者によってそれぞれですが、目安として、壁が一つ増えると10万円から20万円程度の費用が上乗せされると言われています。

つまり、逆に言えば、一番お金がかからないのは「凹凸の少ない家」ということになります。該当するケースとしては、「四角い形をしたシンプルな外観の2階建て」が代表的です。

2.部屋の数を減らす

部屋の数を減らせば、家の中にある壁の数も少なくなります。そのため、「部屋の数」も、注文住宅を安く建てる上で重要なポイントです。

また、部屋を減らすことで、壁以外の様々な材料を節約することができます。窓、ドア、収納、コンセントなど、部屋ごとに設置されるものは、減らした部屋の数だけ少なくて済みますよね。

それによって作業がシンプルになれば工期も短縮され、人件費も安くなるのです。

注文住宅では部屋の数も自由に決めることができるので、つい多めにレイアウトしがちですが、不要な部屋を作ればその分高額になることを覚えておきましょう。

3.中間マージンをできるだけカットする

注文住宅の建築は、ひとつの業者ですべてを行なうものではありません。

ハウスメーカーは注文を受けると、下請け業者に建築を依頼します。さらにその下請け業者が部品や材料などを購入するのですが、その時にも間に業者を挟むことがあります。

そして、間に業者が入るたびに中間マージンが発生するのです。 注文住宅を安く建てるためには、できるだけこの中間マージンを減らすことが重要になります。

理想としては、ひとつの業者に全工事を行ってもらいたいところですが、あまり現実的ではありません。

そこで、ハウスメーカーから紹介される業者をできるだけ利用しないのが、安く注文住宅を建てるコツだと言えます。 ハウスメーカーに紹介された業者に依頼すると、その紹介料が上乗せされる仕組みになっているからです。

インターネットなどを使って自分で業者を探せば、この紹介料を節約することができますよ。

ポイントを理解して安く注文住宅を建てよう

このように、注文住宅を安く建てるためには、あまり複雑な形の家にはせず、部屋の数もむやみに増やさないことがポイントになります。

そして、ハウスメーカーにすべてを任せるのではなく、業者を自分で探してみるのも節約につながります。これらのポイントを押さえた上で、費用を抑えて注文住宅を建てましょう。

実績で選んだ!江東区周辺エリア 注文住宅会社ランキング!
実績で選んだ! 江東区周辺エリア 注文住宅会社ランキング!
江東区に家を建てるなら!
おすすめ注文住宅会社リスト
江東区で理想の注文住宅を
建てるための基礎知識

このページの上部へ ▲