一戸建てを建てるなら「長期優良住宅」で減税を狙おう!

HOME » 江東区で理想の注文住宅を建てるための基礎知識 » 一戸建てを建てるなら「長期優良住宅」で減税を狙おう!

これから一戸建てを建てようと考えているなら、「長期優良住宅」を選びましょう。

補助金の利用や税制上の優遇措置を受けることができます。ただでさえ高額なマイホームの建築において、税金が安くなる効果は思っている以上に大きいです。

コストを抑えてよい一戸建てを手に入れるために、長期優良住宅について説明していきます。

「長期優良住宅」とは?

長期優良住宅とは、2009年に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の条件を満たす住宅のことです。

簡単にいうと「長持ちするよい家」のこと

ひと言でいってしまうと、長期優良住宅とは「長持ちする高品質な家」のことを指します。一つの建物を長く使うことができれば、建物の解体時に出る廃棄物が減って、エコになるという考えから生まれた制度です。

土地が狭く不動産が飽和状態にある日本では、長期優良住宅への建替や新築を推し進めるために、さまざまな優遇措置が用意されています。

認可を受けるための条件が法律で決まっている

国に長期優良住宅と認められるために必要なのが9種類の基準です。具体的な認定条件は長くなるので省略しますが、構造躯体等の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、高齢者等対策、省エネルギー対策、居住環境、住戸面積、維持保全計画を満たしたうえで、申請を行う必要があります。

一戸建てを建てるなら長期優良住宅を狙ったほうがよい理由

長期優良住宅に認定されるには、9つの条件をクリアする必要があるため、面倒に感じるかもしれません。しかし、長期優良住宅に認定されると、さまざまな税金が安くなるのです。せっかく家を建てるなら、長期優良住宅を選ぶほうがお得といえます。

長期優良住宅は頑丈で省エネ性能も高い

長期優良住宅は、高性能かつ頑丈な家でないと認定を受けることができません。認定を受けることができるということは、家の基礎や躯体もしっかりしており、省エネ性能が高く、バリアフリーへの配慮もされていることの証明でもあります。

音漏れや雨漏り、手抜き工事などの心配がないため、安心して長く住むことができるのです。

普通に新築を建てるよりも住宅ローン減税が優遇される

一般の戸建てでは、住宅ローン減税の上限額は年間400万円を10年間、合計で4,000万円までとなります。しかし、長期優良住宅なら、上限額が5,000万円に増えるのです。

所得税の特別控除も可能

平成26年の4月1日から、平成33年の末までに長期優良住宅を建て、住みはじめた場合、所得税の特別控除を利用することができます。控除額は、650万円を限度として、住宅の強化にかかった費用の10%です。年間で、最高65万円まで控除できます。

不動産取得税も安くなる

通常の新築では、不動産取得税の控除額は1,200万円です。一方、長期優良住宅だと1,300万円まで控除できます。

登録免許税も安くなる

新築の一戸建てを建てたら、登記が必要です。通常、新しく取得した不動産の登記にかかる登録免許税は0.4パーセントですが、新築の場合0.15パーセントまで軽減されます。長期優良住宅だと、さらに軽減率が高くなり、0.1パーセントですむのです。

新築購入後は5年間固定資産税が50パーセントオフ!

土地や建物を所有している人は、毎年固定資産税を納めることになります。新築の戸建てを建てた場合、通常なら最大3年間固定資産税が半額になるのです。

しかし、長期優良住宅なら固定資産税の50パーセントオフ期間が5年に延長されます。

一戸建てを建てるなら、長期優良住宅の認定を受けることができる家を建てましょう。長期優良住宅の認定は、9つの条件をクリアする必要があるため、高性能であり問題のない住宅だという証明になります。不動産に詳しくなくても、認定を受けた家なら安心して長く住みつづけることができるのです。

さらに、長期優良住宅は通常の新築一戸建てよりも税金が安くなります。予算に余裕ができることも、長期優良住宅のメリットです。

実績で選んだ!江東区周辺エリア 注文住宅会社ランキング!
実績で選んだ! 江東区周辺エリア 注文住宅会社ランキング!
江東区に家を建てるなら!
おすすめ注文住宅会社リスト
江東区で理想の注文住宅を
建てるための基礎知識

このページの上部へ ▲