価格の目安

HOME » 江東区で理想の注文住宅を建てるための基礎知識 » 価格の目安

江東区エリアに多い狭小地で建てる注文住宅の価格の目安についてまとめたページです。

安くも高くもなる建築費用

狭小地に建てる注文住宅というと、「住宅そのものが小さいから建築費用が安い」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。

狭小地に建てる注文住宅では、狭い家をいかに広く見せて、快適に生活することができるかということが重要になってきます。

このような狭小住宅では、3階建てにすることでスペースを確保するので、2階建ての住宅より強度を増す必要が出てくる為、費用がかさむことが多くなります。

建築方法や広さ、坪単価などによっても異なりますが、とにかく安くすませようと思えば1,000万円くらいで作ることもできますし、素材や間取りなどにとことんこだわって作れば、3,000万円、4,000万円かかってしまうこともあります。

また、狭小地で建てるのであれば考えておくべきことが他にもあります。それは面する道が狭いということ。工事期間中の施工会社の車の駐車場や資材を仮置きする場所がないなどの問題が発生する可能性がある点です。

これにより、建物以外でコストがかかる場合もあるので、その点も考慮しておくとよいでしょう。

はじめに確認しておきたい土地の特徴

東京都の場合、準防火地域では2階建ての木造住宅でも、鉄筋コンクリートなどの耐火構造に準じた「準耐火構造」にしなければならないこともあり、その結果、費用がかさむことになります。

また、江東区エリアは地下水位が高く軟弱な地盤が多く存在しているので、軟弱な地盤では長期的な沈下が大きな問題になります。

建物の財産価値を守るためにも、地盤調査による土地の状態を把握し、適切な地盤改良対策をしてくれる業者を選ぶことをおすすめします。

このように、狭小地に注文住宅を建てるにはその土地自体に規制がかかっている場合もあるので、購入前にその土地にはどのような規制があるか、目の前の道路はトラックや重機が入れるか、地盤についてはどうなのかなども事前に確認しておくことが重要です。

実績で選んだ!江東区周辺エリア 注文住宅会社ランキング!
実績で選んだ! 江東区周辺エリア 注文住宅会社ランキング!
江東区に家を建てるなら!
おすすめ注文住宅会社リスト
江東区で理想の注文住宅を
建てるための基礎知識

このページの上部へ ▲