注文住宅と建売住宅の違いと選び方のポイント【江東区】

HOME » 江東区で理想の注文住宅を建てるための基礎知識 » 注文住宅と建売住宅の違いと選び方のポイント【江東区】

東京都江東区で住宅を購入する際、注文住宅にするか建売住宅にするかは悩みどころです。

これらの違いやメリット、デメリットをチェックして、自分たちにはどちらの方がぴったりなのかをチェックしてみましょう!

自分の理想がしっかりある方には注文住宅

注文住宅と建売住宅の大きな違いは、土地を探す必要があるかどうかです。

注文住宅の場合は、自分で土地を探して購入し、そこから家を建てる必要があります。

しかし自分の理想通りの家を建てることができるため、長年住み続けるための工夫をしたい場合や、障害をお持ちの方が家族にいる場合、ペットも住みやすい環境を作りたい場合などには非常に役立ちます。

品質にもとことんこだわることができるので、万が一の天災などに備えたいという方にも注文住宅はおすすめです。

自分の理想を貫き通せるのがメリット

注文住宅の一番のメリットは、やはり自分の理想をとことん追求できるという面でしょう。

間取りや設備、外観だけでなく、ドアの形や壁紙など細かい部分まで自分の理想通りに作り上げることができます。

とことんこだわった家なら、愛着を持って長年住み続けることができそうですね。

注文住宅はコストがかかるというイメージがありますが、壁を減らす、既製品のドアを取り入れるなどの工夫次第ではコストを削減することも可能です。

仕上がりを確認できないのがデメリット

自分の理想を詰め込むことができる注文住宅ですが、完成まで仕上がりを確認できないというデメリットがあります。

頭の中で描いていたイメージと違うものが完成したと言って、すぐに建て直すことはできません。

建築の知識がない一般人が注文住宅を建てる際は細心の注意が必要です。

さらに、よりクオリティの高い住宅を建てるためにとあれこれ追加し、予想をはるかに上回る金額になってしまうという可能性も高くなります。

間取りのイメージをしてから低価格で購入したい方には建売住宅

建売住宅は、すでに不動産会社や住宅会社が土地を購入し、その上で家を建てたものを購入することになります。

不動産会社や住宅会社が独自のルートで仕入れた土地を利用しているため土地を探す手間がなく、便利な土地にすぐ住むことができるのが嬉しいポイント。

建売住宅は自分の理想通りの家に住むことは諦める必要がありますが、完成した室内を見てから購入を検討できる場合もあり、どのような生活ができるかをイメージしやすいのも特徴です。

誰でも住みやすいような無難な間取りのケースが多く、よほどこだわりがない限り建売住宅で満足することができるでしょう。

注文住宅と比較しても低価格で販売されているケースが多く、できるだけ安く家を買いたいという方にもおすすめです。

イメージしやすく低価格なのがメリット

建売住宅のメリットは、すでに間取りなどが決まっているので住んでからのことが想像しやすいという点です。

完成している物件なら、実際に見学することも可能です。

さらに金額も最初から決まっているので、注文住宅のように建てる途中で金額が上がってしまうというリスクもありません。

オリジナリティのある注文住宅に比べ、建売住宅は一定の間取りなので低価格であることもメリットの一つです。

自由度がなく工事方法を見られないのがデメリット

一方で建売住宅は自由度がありません。

あらかじめ決められた間取りの中で生活しなければならないので、理想を追求することは諦めた方がよいでしょう。

また、すでに完成している建売住宅の場合、工事の方法や材料をチェックできないというデメリットもあります。

建売住宅は数を建てることで利益を得る仕組みになっているため、注文住宅に比べて耐震強度などに疑問がある場合もあります。

実績で選んだ!江東区周辺エリア 注文住宅会社ランキング!
実績で選んだ! 江東区周辺エリア 注文住宅会社ランキング!
江東区に家を建てるなら!
おすすめ注文住宅会社リスト
江東区で理想の注文住宅を
建てるための基礎知識

このページの上部へ ▲