江東区の注文住宅会社で仮住居サポートってある?

HOME » 江東区で理想の注文住宅を建てるための基礎知識 » 江東区の注文住宅会社で仮住居サポートってある?

注文住宅を依頼する時、その間の住居費や引っ越し費用など、さまざまなことに費用がかかります。賃貸に住んでいた場合、家が建つまでの時間、同じ場所に住むのはお金の無駄のような気がする人もいるでしょう。今回は家を建て替える際の仮住居サポートについて紹介します。

 

 

仮住居サポートって何?

注文住宅を依頼した後、依頼主はどうしているのでしょうか? 現在の住居に住み続けている人もいるでしょうが、会社によっては仮住居サポートに対応している場合もあるので、積極的に聞いてみましょう。

 

仮住居サポートとは?

仮住居サポートは、名前の通り注文住宅を依頼した後、自宅が建つまでの住まいをサポートしてくれるものです。すべての会社が対応しているわけではないので、注文住宅を依頼する前に仮住居サポートについて聞いてみましょう。基本的には、対応している会社が多いのですが、ごく一部の会社では対応していないので、仮住居サポートがあるつもりでいたらなかった、ということにならないようにしてください。

 

仮住居サポート費用について

仮住居サポートについてですが、家屋は用意してもらうことが出来ても、無料ではない場合もあります。基本的には賃貸を借り直すより遙かに安いのですが、中には無料で仮住居を提供してくれる会社もあります。大きな会社であればあるほど、無料で行っていて、いくつかの区画から仮住居を選べるようになっています。

 

仮住居に荷物が入り切らない……

仮住居なので、例えば狭い場所を提供してもらった場合、荷物が仮住居に入り切らない可能性もあります。しかし、会社によっては自社の倉庫で預かってもらうことも可能です。仮住居を提供してもらう場合、最低限の荷物だけを仮住居に置いて、残りは全部倉庫に保管してもらう人も珍しくありません。

 

仮住居に対応していない場合は?

注文住宅を受けてくれる会社のすべてが、仮住居を提供してくれるわけではありません。対応していない場合は、自分で探さなくてはいけません。しかし、不動産屋などで賃貸を借りる前に、依頼した会社が自社物件を持っていないか聞いてみてはいかがでしょうか。

 

不動産屋に行くより施工会社に相談しよう

不動産屋に仲介してもらうと、予想以上に費用が掛かる場合があります。しかし、注文住宅を依頼した会社に相談をすればサポートをしてくれるかもしれません。建築会社は不動産屋とは切っても切れない縁ですから、ツテもあるでしょう。もしかしたら、交渉次第で随分と仮住居費用を値引きしてくれる可能性もあります。まずは会社に相談してから、サポートがない場合は不動産屋に行きましょう。

 

仮住居を探すより今の場所に住み続けた方がいい?

注文住宅を依頼した後、必ずしも仮住居を探す必要はありません。現在居住している場所が賃貸であれ、持ち家であれ、新しい家が完成するまで住み続けることも出来るのではないでしょうか。よほど環境が変わる場所ではない限り、現在の場所に住み続けた方が出費も抑えられるのではないでしょうか。新しい家を建てている間に片付けなどをしていくとも可能です。

 

仮住居はメリットばかりではない?

現在住んでいる場所が持ち家の場合、新しい家に引っ越す前に売却したい人もいるでしょう。そのためにも、早めに仮住居に引っ越そうと考える人もいるはずです。しかし、現在は地域によって変わってきますが、建物が飽和している状態です。すぐに買主が見つかるとも限りません。前もって不動産会社などと話し合って、ある程度売却が決まっている状態のみ仮住居に引っ越してはいかがでしょうか。

 

仮住居に対応しているのはどの会社?

注文住宅とはいっても、手掛ける会社は大きく分けて3つあります。ハウスメーカー、工務店、設計事務所、どこに依頼をするかでアフターフォローにも関わってくるので、きちんと見極めましょう。

 

ハウスメーカーのメリットは?

注文住宅を依頼する際、ハウスメーカーを選ぶ人は多いのではないでしょうか。コストを抑えられるというメリットがある反面、設計の自由度が制限されるデメリットもあります。アフターフォローも万全なハウスメーカーが多いので、仮住居に対応している可能性は十分にあります。ハウスメーカーは安心と安定をモットーにしているところも多いので、まずはハウスメーカーに相談してみるのもいいかもしれませんね。

 

工務店のメリットは?

アフターフォローの万全さは、3つの中でも工務店が一番と言っても過言ではありません。もちろんすべての工務店が当てはまるわけではありません。しかし「対応力」という点においては、依頼者のことを考えてくれるところが多いので、仮住居なども良心的に対応してくれる工務店が多いのです。

 

設計事務所のメリットは?

設計事務所に依頼するメリットは、変形地や狭小地などに長けているという部分でしょう。ただ、仮住居サポートに対応していない設計事務所も多く、他の2ヶ所に比べると仮住居の対応をしてもらえない可能性はあります。ただ、注文住宅を依頼する上では家にこだわりぬくことが出来るので、その点は他の2ヶ所を大きく上回るのではないでしょうか。

 

アフターケアが充実しているところを探そう

注文住宅を依頼した後は、まったく面倒を見ません。このような会社もごく一部ですがあります。なので、満足するためにはきちんとアフターケアが充実した会社を選ぶことが大切です。仮住居サポートもその1つなので、家を建てている間に引っ越しをする場合は、仮住居サポートを実施している会社に依頼しましょう。

 

公式サイトや口コミを利用する

初めて注文住宅を依頼する場合、どの会社がいいのかまったくわかりません。どのようなサービスがあるかも分かりませんので、ネットでの評判を参考にしてみてもいいかもしれません。ただ、あくまでも参考にする程度に収めて、鵜呑みにしないようにしましょう。多くの人が会社を利用して注文住宅を依頼します。その中では満足する人もいれば、不満足な人もいるはずです。特定の人の口コミを鵜呑みにせず、全体の評価を見るようにしましょう。

 

不動産屋に相談する

不動産屋は建築系とのつながりも深いので、どの会社の評判がいいかを知っている場合もあります。現在住んでいる住宅の管理会社に相談してみてもいいかもしれません。他にも周囲に建築関係に詳しい人がいないかを聞いてみてもいいのではないでしょうか。大切な自宅を建てるのですから、建てる間のフォローもしてもらえる会社に依頼したいものです。

 

あえて仮住居について聞いてみる

仮住居サポートに対応していない会社でも、依頼主から問い合わせられると対応してくれる会社もあります。特例になりますので、無料とまではいきませんが、対応してもらえたらある程度費用を抑えてくれるのではないでしょうか。依頼主という立場を利用して、お願いしてみるのも1つの方法です。

 

仮住居サポートは、なかなか自分から言いだせない人もいます。しかし言わなければ相手にも伝わりませんから、きちんと問い合わせることも大切です。一番の理想は、仮住居サポートを無料で行っている会社に依頼することですね。こっちの方が手間もかからない分、スムーズに仮住居を提供してもらえます。ただ、場所によっては提供された仮住居に住めない場合もありますので、対応がないことも想定して、ある程度自分で仮住居を決めておくといいかもしれません。

 
実績で選んだ!江東区周辺エリア 注文住宅会社ランキング!
実績で選んだ! 江東区周辺エリア 注文住宅会社ランキング!
江東区に家を建てるなら!
おすすめ注文住宅会社リスト
江東区で理想の注文住宅を
建てるための基礎知識

このページの上部へ ▲