土地選びの必勝法!家を建てる時に注意したい賢い土地の選び方

HOME » 江東区で理想の注文住宅を建てるための基礎知識 » 土地選びの必勝法!家を建てる時に注意したい賢い土地の選び方

一軒家やマンションを建てる場合、最初に始めることは土地選びです。言うまでもなく土地選びは非常に重要で、立地や利便性に直結します。

今回は、賢く土地を選ぶ方法をご紹介します。

地震に強い家は地盤が強い!土地のなりたちや地盤に注目

土地選び記憶に新しい大地震が起きてから、土地のなりたちや地層への注目度が非常に高くなりました。 災害はいつどこで発生するかわかりません。

もしも遭遇してしまった場合、被害の度合いは土地の状態によって大きく異なります。 土地選びをする際には、その点もしっかりと検討しましょう。

田や池の埋立地など、以前の地形にも気を配る

全ての建物は「基礎」と言われる部分に支えられていますが、その基礎を支えているのが「地盤」です。頑丈な建物を立てても地盤が弱ければ下から一気に崩れたり、傾いたりしてしまうことがあるので、地盤の確認は必須になります。

特に田や池を埋め立てた土地の場合は地盤が弱く、地盤沈下を起こしやすいため、そのような土地は避けたほうが懸命です。

盛土地盤は軟弱なことが多い

傾斜がある土地の場合、まずは地面を平らにする必要があります。この時の手法としては「盛土(もりど)」と「切土(きりど)」がありますが、特性が異なるのでじっくりと調査を行わなければなりません。

盛土は字の通り、地盤の上に土を持った地盤です。土を盛っただけという性質上、どうしても地盤が軟弱になりがちなため、注意が必要な地盤と言えます。

これに対して切土は、元々あった地盤を切って成形しただけのものです。そのため、地盤の強さは切る前と変わりません。

意外と見落としがち?法定規則を意識した選び方

つい忘れがちですが、土地選びの時に忘れてはいけないことが法律です。建物は土地を購入したからと言って自由に建てられるわけではなく、様々な法律を遵守した上で建築しなければいけません。

幅4m未満の道路や私道は利用が制限されることも

建築基準法では、原則、建築物は幅4m以上の道路に接していないと建てられないと決められています。そのため、道路の幅が4m未満の場合は敷地の一部が利用できなくなります。また隣接している道路が私道である場合、建築物の所有者が通行を制限してしまい、車が進入できないなどの問題が発生する可能性があります。

敷地に面している道路の状況は、公図などで必ず確認しましょう。

建ぺい率や容積率も確認する

「3階建の建物を建てたかったのに、土地購入後に不可能だと言われた!」といったトラブルは少なくありません。

土地に建てられる建物は種類が決められており、加えて建築規模は建ぺい率と容積率で制限されています。加えて高さの制限や道路斜線、建築協定など多くの法的制限を受けているので、理想の家を建てるにはこうした目に見えない部分の確認も必要です。

周辺環境や日当たりなど「住みやすさ」もやはり重要

地盤、法律とお話してきましたが、生活拠点となる住まいを建設する上で、1番最初に見ておきたいのはやはり「快適に生活ができるか?」という点ですよね。

住みやすさに関するチェックポイントも確認していきましょう。

周辺環境の主なチェックポイント

東南角地にこだわる必要はない

東と南に面した角地は日当たりが非常に良いですが、そこまでこだわる必要もないでしょう。

例えば、北面に接道している敷地の場合は、南側に日当たりの良いバルコニーや庭を建設しやすいです。西面に接道している場合は午後~夕方にかけての日当たりが良いなど、場所に合わせた建築をすることで日当たりの問題は解決できます。

現地調査などもしながら最高の土地を選ぼう

土地選びは非常に難しく、近隣住民との兼ね合いやライフラインなど、住んでみて初めて分かることも多いです。

そのため、現地調査や聞き込みもした方がより良い結果を引き出せます。 大切な土地選び。妥協せず、最高の場所を見つけたいものですね。

実績で選んだ!江東区周辺エリア 注文住宅会社ランキング!
実績で選んだ! 江東区周辺エリア 注文住宅会社ランキング!
江東区に家を建てるなら!
おすすめ注文住宅会社リスト
江東区で理想の注文住宅を
建てるための基礎知識

このページの上部へ ▲